『グラン・スマート』と『アイ・スマート』の違いと特徴を紹介【一条工務店】

スポンサーリンク

✅この記事を読むとわかること

  1. グランスマートとアイスマートの違い
  2. 標準設備の違い
  3. グランスマートの基礎知識

✅この記事の信憑性

あつし:Twitterアカウント

今回は『グラン・スマート』と『アイ・スマート』の違いと特徴を紹介【一条工務店】このようなテーマで解説していきます。

具体的に、何が違うの?

両方に「スマート」と付いているが、どっちがオススメ?

『グラン・スマート』の方が高い理由を知りたい!

このような方は、是非ご覧ください。

『グラン・スマート』を一言で説明すると、一条工務店人気シリーズの

  • 『アイ・スマート』
  • 『グラン・セゾン』

「いいとこ取り」をしたシーリーズを『グラン・スマート』と言います。

いいとこ取りをしているので『グラン・スマート』の、お値段は少し高めですが

「性能」と「デザイン性」に優れています。

『一条工務店』を検討している人は、必ず『グラン・スマート』は頭に入れておきたいシリーズなので、この記事を通して把握しておきましょう。

\それではいきましょう!/

スポンサーリンク

【一条工務店】アイ・スマート

まず、初めに『アイ・スマート』について紹介します。

『アイ・スマート』を一言で説明すると、

業界最高レベルの高性能住宅です。

とにかく性能が良い住宅です。

「6年連続商品別販売棟数業界No. 1」を達成していて

業界NO.1の人気商品です。

『性能』と『人気』が業界最高レベルです。

『スマートでシンプルなデザイン』で、シンプル好きなお客様にはデザインも好評です。

私は『アイ・スマート』に住んでいます

シンプルなデザインで人気ですが、

「デザイン性に欠ける」という不評もあります。

もっと『アイ・スマート』について知りたい方は、こちらの記事をご覧下さい。

【一条工務店】グラン・スマート

『グラン・スマート』の説明をする前に、「グラン・セゾン」の紹介を簡単にします。

「グラン・セゾン」は、

上質なデザイン性が魅力の住宅

もちろん「一条工務店」の性能は実現しながらも『デザイン性に長けてる』シリーズです。



そして、本題の『グラン・スマート』の紹介をしたいと思います。

『グラン・スマート』は、先ほど紹介した『アイ・スマート』『グラン・セゾン』の、いいとこ取りをしています。

要するに、『業界最高レベルの性能』『上質なデザイン』を融合したのが

『グラン・スマート』です。

お互いの良い部分を融合しているから、このような名前になっています。

言わば『一条工務店の最高傑作』です

ざっくりとした『グラン・スマート』『アイ・スマート』の違いでした。

そこで、

具体的に、何が違うの?

『グラン・スマート』の方が高い理由を知りたい!

続いて、もっと具体的な違いについて紹介します。

  1. 外装
  2. 内装
  3. キッチン

この、3つに分けて『グラン・スマート』『アイ・スマート』の違いについて紹介していきます。

【グラン・スマート】外装の違い

まず初めに『外装の違い』について紹介していきます。大きな違いは以下の通りです。

外装の違い
  • パラペットルーフができる
  • グレイスタイルを採用できる
  • ハイドロテクトタイルが標準
  • 木目調軒天を選択できる

詳しく紹介していきます。

パラペットルーフができる

1つ目の違いは『パラペットルーフ』ができることです。

パラペットルーフは『アイ・スマート』では、選択することができません。

『パラペットルーフ』とは、この部分になります。

『アイ・スマート』では、凹凸をつけることが出来ないので、平らな外装になります。

『パラペットルーフ』は標準でつけることができます。

『グラン・スマート』では、凹凸をつけることができるので外観デザインのバリエーションが増えます。

パラペットルーフのデメリット

『パラペットルーフ』をつけるデメリットは、

メンテナンスが大変になる。

このようなデメリットがあると言われています。

物理的に、凹凸ができるので

  • 落ち葉の掃除
  • コケや汚れの掃除

このようなメンテナンスが手間が増えることがデメリットです。

グレイスタイルを採用できる

外装の違い2つ目は『グレイスタイル』を選択できることです。

グレイスタイルは、外壁タイルのことで下記のデザインのことを指します。

グレイスタイルは『グラン・スマート』でしか、採用することが出来ません。『グラン・スマート』の特権ともいえる、デザインです。

グレイスタイルのデメリット

グレイスタイルのデメリットは、

窓をつけることが出来ないことです

とても人気のデザインですが、窓をつけることが出来ないので『グレイスタイル』を、選択する部分が限られてきそうです。

ハイドロテクトタイルが標準

3つ目の違いは『ハイドロテクトタイルが標準』です。

ハイドロテクトタイルは『アイ・スマート』でも選択できますが、

『アイ・スマート』の場合、オプションです

なんと、坪単価『13,000円』です。

※価格は変動します。

『グラン・スマート』からハイドロテクトタイルが

標準仕様になりました

セルフクリーニング機能を備えた「ハイドロテクトタイル」が標準仕様になったのは、嬉しい限りです。

木目調軒天を採用できる

4つ目の違いは『木目調軒天を選択できる』ことです。

『グラン・スマート』から下記のデザインを軒天に選択できるようになりました。

『アイ・スマート』は、4種類から選ぶことしか出来なかったので、軒店のバリエーションが増えました。



以上が、外装の違いでした。

デザインの少なさに不評があった『アイ・スマート』ですが、『グラン・スマート』になると、デザインの幅が広がります。

続いて『内装の違い』を紹介していきます。

【グラン・スマート】内装の違い

『グラン・スマート』『アイ・スマート』の内装の違いを紹介します。

内装の違いは以下の通りです。

内装の違い
  • モクリアが標準
  • ロスガード90うるケアが標準
  • ハンガータイプが増加
  • 回転靴収納タイプ

詳しく解説していきます。

モクリアが標準

『グラン・スマート』は「モクリア」が標準になりました。

「モクリア」とは、フローリングの種類のことで

  • 安全面に配慮している
  • 汚れに強い
  • お手入れがしやすい

このような、性能が高いフローロングで大人気でした。

フローリングは、普段生活していて「傷がついたり」「汚れがつきやすい」場所です。

しかし、フローリングは後から交換することが出来ないので『モクリア』を採用して「傷に強い」「お手入れ」がしやすいフローリングに変更する人は多いです。

しかし、『アイ・スマート』ではモクリアが

1坪8,000円のオプションです。

※オプション価格は変動します。

『アイ・スマート』は「EBコートフローリング」というフローリングが標準仕様です。

「モクリア」は、オプションなので断念する人も多いです。

我が家も断念しました。笑

傷がついても交換できないフローロングが、標準仕様で「モクリア」を選択できるのは嬉しい変更点です。

ロスガード90うるケアが標準

2つの目の内装の違いは『ロスガード90うるケアが標準』になったことです。

これは「一条工務店」に住んでいる人なら、めちゃくちゃ羨ましい変更点です。

その理由は、

一条工務店は乾燥がひどいからです。

一条工務店が乾燥する理由は、下記の記事をご覧下さい。

私は『乾燥がひどいこと』を、一条工務店のデメリットだとあげていました。

しかし、その乾燥というデメリットは

『ロスガード90うるケア』で全て解決します!

『ロスガード90うるケア』は、全館加湿してくれる機能になります。

この機能がないと、加湿器の水を毎日補充して、湿度を気にする生活をしなければなりません。

我が家は、日々気にしています。笑

『ロスガード90うるケア』は、一条工務店のデメリットが無くなる変更点なので、かなり嬉しいです。

因みに『アイ・スマート』はオプションで採用することが出来ます。

ハンガータイプが増加

3つ目の違いは『ハンガータイプが増加』です。

『アイ・スマート』では、ハンガータイプを選択することが出来ませんでした。

『グラン・スマート』では、

  • スライドハンガー
  • ダブルハンガー

を選択できるようになりました。

✅スライドハンガー

✅ダブルハンガー

収納の幅が広がるので、嬉しい変更点です。

回転靴収納タイプ

4つ目の違いは『回転靴収納タイプ』です。

『アイ・スマート』では、一般的な靴収納しか出来ませんでした。

『グラン・スマート』では、回転靴収納タイプを選択することが出来ます。

✅回転靴収納タイプ

回転靴収納タイプに変更すると、裏表両面に収納ができ収納力が約1.3倍に増えます。

靴好きには、嬉しい変更点です。

我が家は、もう靴が入りきりません。笑



一条工務店は素晴らしいハウスメーカーです。

他にも素晴らしいハウスメーカーは、たくさんあるので

もっと他のハウスメーカーも知りたい!

グラン・スマートと比べて他のハウスメーカーは、いくらくらいなの?

このような方は『タウンライフ』を活用してみて下さい。

全て無料で、あなたにオススメの注文住宅会社を紹介してくれて

  • 間取りプラン
  • 費用・資金計画プラン
  • 土地探し

このようなことを無料でサポートしてくれます。

一生に一度のマイホームなので、悔いが残らないように

様々な情報をGETしましょう!

【まとめ】グラン・スマートとアイ・スマートの違い

『グラン・スマート』と『アイ・スマート』の違いと特徴を紹介【一条工務店】でした。

本日の内容をまとめさせていただきます。

まず、『グラン・スマート』とは

『一条工務店の最高傑作』です

『グラン・スマート』『アイ・スマート』の違いを「外装」と「内装」に分けて紹介すると、

外装の違いは以下の通りです。

外装の違い
  • パラペットルーフができる
  • グレイスタイルを採用できる
  • ハイドロテクトタイルが標準
  • 木目調軒天を選択できる

内装の違いは以下の通りです。

内装の違い
  • モクリアが標準
  • ロスガード90うるケアが標準
  • ハンガータイプが増加
  • 回転靴収納タイプ

以上が『グラン・スマート』『アイ・スマート』の違いになります。

『グラン・スマート』は、性能とデザインが素晴らしい住宅です。

坪単価は『80万円〜100万円』と少し高いですが、金額以上に価値のある住宅です。

皆さんのハウスメーカー選びが成功することを心から願っています。

以上参考になれば嬉しいです。

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました