【子供部屋の後悔】一条工務店で「こども部屋」を考える時の注意点

スポンサーリンク

本ページはプロモーションが含まれます

✅この記事を読むと解決できる悩み

  • 子供部屋の注意点がわかる
  • よくある後悔を避けれる
  • 実際に後悔した人の話を知れる

✅この記事の信憑性

あつし:Twitterアカウント

今回は『子供部屋の注意点』について紹介します。

どんな注意点があるの?

子供に怒られました…。

将来のことを考えていなかった…。

子供部屋の後悔は、

数年後にやってきます。

数年後、子供が大きくなった時に文句を言われないように「よくある後悔ポイント」を頭に入れておきましょう。

子供部屋のよくある後悔
  1. 部屋の鍵を付けなかった
  2. 可愛いクロスで後悔
  3. テレビ線を付けなかった
  4. 家具を置く場所が無計画
  5. 子供部屋の大きさで後悔

詳しく解説していきます。

\それではいきましょう!/

スポンサーリンク

部屋の鍵を付けなかった

子供部屋の注意点「1つ目」は、

部屋の鍵を付けないです。

一条工務店は、

  • トイレ
  • お風呂
  • 玄関

このような場所には、鍵が標準で付きますが「子供部屋」や「主寝室」などの、部屋のドアは『鍵がオプション扱い』になっています。

子供が大きくなり、思春期を迎えると

子供
子供

なんで、部屋に鍵がないの!

このように怒られてしまい、後悔している人もいます。

私も子供の頃を思い出すと、部屋の鍵が付いていなくて両親に不満を言った記憶があります。笑

オプションだし、別に付けなくていいか!

このように考えている人は、自分が子供だった頃を思い出して、もう一度考え直してみましょう。

可愛いクロスで後悔

子供部屋の注意点「2つ目」は、

可愛いクロスで後悔をした。

統計を見ると「妊娠前から子供が0〜5歳」の時に、マイホームを建てる人の割合が多いです。

子供が小さい頃に、マイホームを建てる人が多いので

子供が好きなキャラクターのクロスにしました。

可愛いクロスがあったので、子供部屋に採用しました。

子供にクロスを選ばせました。

このような決め方をする人がいます。

しかし、子供の成長は早く「好き嫌い」はすぐに変わるので、マイホームの間取りを考えている時に好きだったデザインを、ずっと好きでいるとは限りません。

成人した後でも使える『シンプルなデザイン』のクロスにすることをオススメします。

テレビ線を付けなかった

子供部屋の注意点「3つ目」は、

テレビ線を付けないです。

リビングや主寝室には、迷わずテレビ線を付ける人は多いと思いますが、『子供部屋』につけなくて後悔する人は少なくないです。

今の時代は「テレビを見ない」子供達も多いですが、一応付けることをオススメします。

子供のテレビの使い方
  • テレビ画面でYouTubeをみる
  • テレビ画面でゲームをする
  • 普通にテレビを見る

他にも、

  • 二世帯住宅にした時
  • 感染対策で隔離した時
  • 来客が来た時

このような場面で、活躍することもあります。

基本的には各部屋にテレビ線を設置して、何があるか分からない将来に備えましょう。



家具を置く場所が無計画

子供部屋の注意点「4つ目」は、

家具を置く場所が無計画です。

子供部屋も、家具を置く場所をイメージしながら間取りを考えるようにしましょう。

無計画に間取りを考えると

  • コンセントの位置が中途半端
  • 模様替えができない
  • 置ける家具が限られてくる

このような子供部屋になってしまいます。

子供部屋も「家具を置く場所」や「間取り」を、しっかりイメージするようにしましょう。

子供部屋の大きさで後悔

子供部屋の注意点「5つ目」は、

子供部屋の大きさで後悔です。

皆さん、子供部屋は何畳にする予定ですか?

将来的にどのような生活になるのか、想像してから子供部屋の大きさを決めることをオススメします。

子供部屋を「広くした場合」「必要最低限の広さにした場合」のメリットを紹介します。

広くした場合
  • 2世帯住宅にできる
  • 2人部屋にできる
  • 広くて快適な部屋になる

将来的に「2世帯住宅」を考えている人は、子供部屋を広くしておきましょう。部屋が広いと子供も2世帯住宅に前向きになりやすいです。

子供が3人以上いる方、3人以上欲しい方は部屋を広くしておくと「2人部屋」にすることも可能になります。1人部屋でも部屋が広いと、子供の快適性は上がります。



続いて、部屋の大きさを必要最低限の広さにすると、このようなメリットがあります。

必要最低限の広さ
  • 基本的にリビングで生活する
  • 1人一部屋にできる
  • 住宅価格を抑えれる

「家族のコミュニケーション」を増やしたい方は、基本的にリビングで生活させる為に、わざと部屋を狭くする人もいます。基本はリビングで生活をして、寝る時だけ各部屋に行く生活スタイルです。

子供に1人一部屋を与えたい人は、子供の人数分部屋が必要なので「最低限の広さで部屋数を多くする」人もいます。

当たり前ですが、最低限の広さにすると坪数を抑えれるので「住宅価格」を抑えることができます。



マイホームを建てる人は、これから『火災保険』に加入すると思います。その、火災保険に加入する上で大切なことが『1つ』あります。

大切なこととは、、、



大切なこと

保険料の比較をすること

火災保険を加入する上で大切なことは『保険料の比較』をすることです。

同じ保証内容だとしても、保険会社によって『数万円』も保険料が変わってきます。同じ保証内容なのに、保険料が違うのは勿体無いので、

火災保険の比較をしましょう。

比較をする時に、オススメのサイトは『インズウェブ』です。

完全無料で、CMでもお馴染みの保険会社や大手保険会社の中から、あなたに1番マッチしている保険会社を探してくれます。どこの保険会社が安いのか比較だけすることもできます。

一度は保険料の比較をしてみよう。

\インズウェブはこちらから!/↓↓

【まとめ】子供部屋の後悔

【子供部屋の後悔】一条工務店で「こども部屋」を考える時の注意点でした。

今回の内容をまとめると、

子供部屋のよくある後悔
  1. 部屋の鍵を付けなかった
  2. 可愛いクロスで後悔
  3. テレビ線を付けなかった
  4. 家具を置く場所が無計画
  5. 子供部屋の大きさで後悔

このようなことで後悔している人が多いです。

子供部屋の後悔は、子供が大きくなってから感じる人が多いです。間取りを決める時は「リビング」や「キッチン」など、決めることが多いので子供部屋の決め事で一息つきたい所ですが、もう一踏ん張り頑張っていきましょう。

以上、参考になれば嬉しいです。

ではまた。

コメント