【一条工務店はメンテナンスフリー⁉︎】実際は30年間で総額◯◯◯万円⁉︎

スポンサーリンク

【PR】

★この記事を読むとわかること★
  • 30年間のメンテナンス費用
  • 一条工務店の保証制度の闇
  • 設備の保証期間と点検内容

この記事の信憑性

今回は、メンテナンス費用について解説していきます。

一条工務店を検討している方、住んでいる方は、下記の3つを必ず頭に入れておきましょう。

  • 30年間のメンテナンス費用
  • メンテナンスのタイミング
  • 各設備の保証期間

この3つは必ず把握して下さい。

もし、知らずに契約すると、後悔する原因になります。

既に契約済みに方には解決策も紹介します!

一条工務店に関わる全ての人に読んで欲しい内容となっているので、是非最後までご覧下さい。

スポンサーリンク

30年間のメンテナンス費用は総額〇〇円⁉︎

まず初めに「30年間のメンテナンス費用は総額〇〇円」について紹介します。

実は、一条工務店で家を建てると

30年間で『約400万円』のメンテナンス費用がかかります!

私が住んでいる地域で比較したところ、他の住宅メーカーと比べても、一条工務店メンテナンス費用が高いです!

他の住宅メーカーのメンテナンス費用を調べる方法はLIFULL HOME’Sという無料サービスを使いました。

LIFULL HOME’Sは、様々な住宅メーカーのカタログを自宅に郵送してくれるサービスで、他の住宅メーカーのメンテナンス費用や坪単価など、様々な情報を知ることができます。

完全無料のサービスなので、皆さんも1度調べてみて下さい!

他の住宅メーカーのメンテナンス費用を把握しておきましょう!

それでは、一条工務店のメンテナンスについて詳細を紹介します。

一条工務店の無料点検

それでは、一条工務店の無料点検について紹介します。

一条工務店には、3回の無料点検があります。

無料点検のタイミング
  • 引き渡しから10年後
  • 引き渡しから15年後
  • 引き渡しから20年後

まず、10年目点検の詳細について紹介します。

【10年目】1回目の無料点検

1回目の無料点検は、引き渡しから10年目に行います。

その理由として、引き渡しから10年間、欠陥が見つかったら無料で修繕することが法律で義務付けられているからです。

10年保証とは、新築住宅の「基本構造部分」について、売主である不動産会社や注文住宅の建築会社等に、引き渡し後10年間、瑕疵担保責任を負うことを義務付ける制度のことです。10年保証については、「住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)」等に規定されています(同法第94条、第95条)。

引用:10年保証 とは | SUUMO住宅用語大辞典

一条工務店側は、この10年目で住宅の品質確保の法律義務を果たすことになります。

10年目点検は、住宅の基本構造を点検していきます。

  • 基礎
  • 屋根
  • 柱・梁・床
  • 防虫
  • 防水

10年目点検で重要部分の基本構造を点検していきますが、意外とあっさり点検は終了します。笑

SNSや口コミなどで、

すぐ終わりました!笑

もっと時間をかけて見て欲しかったな。笑

このような口コミが多いです。

続いて、各設備の保証期間が終了するタイミングを紹介していきます。

【保証期間2年】一条工務店の無償メンテナンス

まず初めに、2年で保証期間が終了する設備を紹介します。

保証期間は設備によって異なるので、この機会に確認しておきましょう。

保証期間2年
  • 玄関戸、アルミ製のサッシ
  • 室内戸、樹脂サッシ
  • 壁紙(クロス)
  • クッションフロア
  • 吹き付け塗装
  • 瓦、スレート
  • ハイドロテクトタイル

上記の設備は、不具合がなければ2年で保証期間が終了します。

2年目以降に故障すると有償修理になってしまうので、2年目点検を迎える前に上記の設備に不具合は無いか入念にチェックしておきましょう。

何度も言いますが、一条工務店の点検は自己申告が重要です。

点検といっても、電話がくるだけなので自己申告ができるように事前に確認しておきましょう。

保証期間が2年の設備の、詳細と注意点を紹介します。

玄関戸

玄関戸とは、玄関扉のことです。

毎日使う設備なので、不具合が起きたらわかりやすいと思います。

アルミ製のサッシ

アルミ製で作られた窓枠のことで、下記の設備の窓枠がアルミ製のサッシで作られています。

  • 勝手口
  • 雨戸
  • 網戸

室内戸

室内の扉のことで、下記の設備のことです。

  • 木製戸
  • 障子

壁紙(クロス)の保証

壁紙(クロス)は壁紙のことです。

壁紙(クロス)の保証ですが、

引き渡しの時から傷が付いていた!

手が届かない所に傷がついている!

このような場合のみ、保証が適用されます。

要するに、引き渡し後に、私達が付けた傷は対象外になります

引き渡し後に付いた傷を治したい方は、ゼヒトモという無料サービスがオススメです。

  • ご自宅にいながらプロを探せる
  • 複数社の見積もりを比較できる
  • 事前に業者とメッセージでやり取りができる

ゼヒトモは、このようなサービスで、あなたにピッタリの壁紙・クロスの張替えのプロを見つけることができます。

見積もりを貰うだけでもOKなので、いくらくらいで直せるのかチェックしてみて下さい。

クッションフロア

クッション性のある、床のことです。

クッションフロアは、水まわりに採用している方が多いです。

  • トイレ
  • 洗面所
  • 脱衣所

クッションフロアも、ゼヒトモを使うとあなたにピッタリのプロを見つけることができますよ。

吹き付け塗装

吹き抜け部分の塗装のことです。

瓦、スレート

屋根の素材のことです。

太陽光発電を屋根に搭載している人は、関係ありません。

ハイドロテクトタイル

最後は、ハイドロテクトタイルです。

ハイドロテクトタイルは外壁のオプションです。

耐用年数が60年間もありますが、保証期間は2年なので注意しましょう。

【保証期間5年】一条工務店の無償メンテナンス

続いて、引き渡しから5年で無料保証が終了する設備を紹介します。

引き渡しから5年で保証が終了する設備は、以下の通りです。

保証期間5年
  • 水道配管、水栓器具
  • 給湯熱源機
  • トイレ
  • IHクッキングヒーター
  • ガスコンロ
  • 食器洗い乾燥機
  • エアコン
  • 照明器具
  • スイッチとコンセント

5年で保証が切れる設備は、お知らせや無料点検等が無いので、申請漏れに注意して下さい。

基本的に毎日使う設備ばかりだと思うので、

様子がおかしい…。

と感じたら、すぐに依頼しましょう。

5年で保証がきれる設備の、詳細や注意点を紹介していきます。

給湯熱源機

給湯熱源機とは、

  • ボイラー
  • エコキュート
  • 電気温水器

このような設備のことです。

トイレ

トイレとは、

  • 便器
  • 便座
  • ウォシュレット

このような設備も含みます。

IHクッキングヒーターとガスコンロ

IHクッキングヒーターとガスコンロには、複数の口があるので、消耗のスピードが異なります。

5年目を迎える前に、すべての口が正常に動くか確認しましょう。

IHクッキングヒーターは、壊れやすいと言われています

もし故障したら、先ほども紹介したゼヒトモを活用してみて下さい。

  • ご自宅にいながらプロを探せる
  • 複数社の見積もりを比較できる
  • 事前に業者とメッセージでやり取りができる

ゼヒトモは、このようなサービスで、あなたにピッタリの修理業社を見つけることができます。

見積もりを貰うだけでもOKなので、いくらくらいで直せるのかチェックしてみて下さい。

エアコン

エアコンも正常に動くか必ず確認しましょう。

5年目点検が、冬の時期の人は特に要注意です。

冬はエアコンを使わないので、エアコンの故障に気が付かず、保証期間が終了してしまう方が多いです。

照明器具

照明器具も、よく使う場所は偏ります。

5年目を迎える前に、全ての照明を付けて、正常に灯りがつくか確認するようにしましょう。

照明器具もゼヒトモで、最安値で修理してくれるプロを探すことができますよ。

スイッチとコンセント

スイッチとコンセントは、良く使う場所が特に偏りやすいです。

必ず全てのコンセントで、携帯の充電器を挿して正常に充電できるか確認をしましょう。

10秒間充電できると正常の可能性が高いです!

【15年目】2回目の無料点検

2回目の無料点検の前に、ハガキが「一条工務店」から届きます。

ハガキの内容は、

  • 点検日の確認
  • 点検は1時間で終了します
  • 点検場所の整理をお願いします
  • 点検について担当から改めて連絡をします

このような内容が記載されています。

後日、営業担当から電話がきて15年目点検の日時を決定します。

当日は、一条工務店のスタッフが

  • 基礎
  • 屋根
  • 柱・梁・床
  • 防虫
  • 防水

このような、基本構造部分を点検します。

そして15年目点検終了後、衝撃の見積もりが自宅に届きます!

【重要】一条工務店の保証制度の闇

15年目点検終了後、点検結果と見積りが自宅に届きます。

この見積りが衝撃的です。

衝撃の内容
  • 100〜200万円の修理見積もり
  • 修理をしないと保証期間が終了

えっ? 一条工務店の住宅保証って30年じゃないの?

このように感じた方は多いと思います。

これが、一条工務店最大の闇です。

一条工務店は、無条件で30年保証だと勘違いしている方が非常に多いです。

15年目に、有償メンテナンスを実施した場合に限り、保証期間が延長されて30年保証となります。

一条工務店の公式ホームページに長期保証・保証継続条件について、このように記載されています。

このように無条件で30年保証が約束されている訳ではありません。

有償メンテナンスを行なった場合のみ、保証期間が30年になります。

保証期間を勘違いしている人は多いので気をつけましょう。

「住宅の保証期間は何年なのか。」これはかなり重要で、引き渡し後に発生する費用に関わります。

  • 何年保証なのか
  • 条件はあるのか
  • 料金はかかるのか

かなり重要なことなので、私は他の住宅メーカーの保証期間についても調べました。

これも、LIFULL HOME’Sさんを利用しました。笑

多くの方が利用しています!

無料で様々な情報をGETできるのでオススメです!

他の住宅メーカーはどんな感じなのか、少しでも気になった方は、こちらからチェックしてみて下さい!

\こちらをクリック!/

太陽光発電を設置してから10年でFIT制度が終了

補足ですが、引き渡しから10年でFIT制度も終了します。

FIT制度ってなに?笑

このような方は、こちらの記事をご覧下さい。

【30年】一条工務店のメンテナンス保証期間

先程も説明しましたが、一条工務店の住宅保証は最長で30年です。

保証期間終了後に、不具合や故障が発生した場合

  • 一条工務店で有料の修理
  • 自分で修理業者を探す

この2択になります。

一条工務店で有料の依頼

保証期間終了後も、一条工務店にメンテナンスを依頼することは出来ます。

一条工務店に依頼するメリットは、私達の手間が少なくなることです。

  • 修理業者を探す
  • 住宅情報を伝える
  • 修理箇所を細かく伝える
  • 現地調査

一条工務店に依頼すると、このような手間が無くなります。

間取りや設備の種類、過去の修理履歴を全て把握しているのでスムーズに修理することができます。

逆に、一条工務店に依頼するデメリットは、メンテナンス費用が割高になることです。

自分で修理業者を探す

2つ目は、自分で修理業者を探す方法です。

自分で修理業者を探すと、安く修理できる可能性があります。

なるべく、安く修繕したい!

このような方は、自分で修理業者を探しましょう。



他にも、30年後に発生するメンテナンス費用があります。

それは、ハイドロテクトタイルのメンテナンス費用です。

正確にいうとシーリングの打ち替え作業で、外壁とサッシの隙間を補強する作業になります。

シーリング打ち替え作業を行わないと、耐水性と気密性に影響が出ます。

重要部分なので、シーリング打ち替え作業は必ず行いましょう。

シーリング打ち替え作業は、総額70万円ぐらいです。



【まとめ】一条工務店のメンテナンス費用の総額は?

【一条工務店はメンテナンスフリー⁉︎】実際は30年間で総額◯◯◯万円⁉︎でした。

本日の内容を振り返ります。

30年間で必要なメンテナンス費用は、

総額メンテナンス費用

約300万円です

内訳は下記の通りです。

  • 保証期間継続の工事費
  • シーリング打ち替え作業費
  • その他(不凍液、ロスガードの消耗品など)

以上、参考になれば嬉しいです!

コメント