【10年後の心配がなくなる!】FIT制度終了後に損をしない太陽光発電の運用方法は?【一条工務店】

スポンサーリンク

今回は、【10年後の心配がなくなる!】FIT制度終了後に損をしない太陽光発電の運用方法は?【一条工務店】このようなテーマで解説していきます。

売電価格が下がる10年後はどうすればいいの?

売電価格が下がるのはショック…。

えっ?売電価格って下がるの?笑

このような方は、是非ご覧下さい。

太陽光発電を導入している人は、必ず理解しておかなければいけない問題です。

10年後に売電収入は減ります。

このことを、今知った方でも10年後に

『損しない方法』を紹介します。

この記事を見ると

10年後の心配がなくなります。

不安や心配になるのは『知識がないから』です。

この記事で、

  • なぜ、売電価格は下がるのか
  • 10年後に、どうなるのか
  • 10年後は、どうすれば良いのか

について詳しく解説していきます。

私も6年後、固定価格買取制度(FIT制度)が終了する10年目を迎えます。

6年後、私自身が絶対に損をしたくないので、色々リサーチしました。

  • 一条工務店で太陽光発電を載せている
  • 宅地建物取引士の経験
  • 太陽光発電に携わっている方々の意見

これまでの経験と様々な情報収取を元に、この記事をわかりやすくまとめました。

是非、最後までご覧下さい。

\それではいきましょう!/

スポンサーリンク

売電価格が下がった後の運用パターン

まず初めに、売電価格が下がった後の運用パターンを紹介します。

売電価格が下がった後の運用パターンは大きく分けて『3つ』あります。

10年後の3パターン
  1. 蓄電池を導入する
  2. 蓄電池は導入しないで、自家消費と売電をする
  3. 10年後も特に生活スタイルを変えない

詳しく解説していきます。

自分達は、どの運用パターンと相性が良いか考えてみて下さい。

10年後に売電価格が下がる『FIT制度』とは?

運用パターンの紹介の前に、

10年後、売電価格が下がる理由について簡単に説明します。

10年後に売電価格が下がってしまう…。

これは間違った認識で、10年後に売電価格が下がる訳ではなく、

国が初年度の売電価格を10年間保証してくれていました!

この、10年間も売電価格の保証をしてくれる制度を『FIT制度』と言います。

FIT制度

Feed-in Tariff(フィード・イン・タリフ)の頭文字をとっていて『FIT』という名称になり、日本語で訳すと『固定価格買取制度』を意味します。

実際の所、売電価格は年々下がり続けています。

年度売電価格前年度との差分
令和4年度17円/kWh前年の売電価格-2円
令和3年度19円/kWh前年の売電価格-2円
令和2年度21円/kWh前年の売電価格-3円
令和元年度24円/kWh前年の売電価格-2円
平成30年度26円/kWh前年の売電価格-2円
平成29年度28円/kWh前年の売電価格-3円
平成28年度31円/kWh前年の売電価格-2円
引用:2022年度(令和4年度)の太陽光発電の売電価格 – エコ発電本舗

日本は、更なる太陽光発電の普及拡大を目指しています。

しかし、年々売電価格が下がると、太陽光発電を取り入れる人は少なくなります。

再生可能エネルギー発電を、普及拡大させたい日本にとって、

年々売電価格が下がることはマイナスポイントです。

そこで、太陽光発電を取り入れる人を増やすために『FIT制度』を設けて、太陽光パネル導入時の売電価格を10年間担保することにしました。

このFIT制度』は、2012年7月に開始しました。

この制度のおかげで、日本の太陽光発電は急激に普及しました。

私たちは『FIT制度』のおかげで、太陽光パネルを導入した年の売電価格を、10年間も担保してくれているので、今の振込額を維持できています。

売電価格を保証してくれている『FIT制度』に感謝です。

売電価格が下がるわけではなく、

10年間の担保期間が終了します。



そんな素晴らしい制度も10年で終了してしまいます。

それでは、FIT制度が終了する10年後の『オススメの運用方法』を紹介します。

蓄電池を導入する

1つ目のオススメ運用方法は『蓄電池を導入する』です。

因みに、私は蓄電池を導入する予定です。

蓄電池の導入を、オススメする理由は大きく分けて3つあります。

蓄電池の導入がオススメの理由
  1. 金銭的に1番お得
  2. 災害時に備えることが出来る
  3. 蓄電池は補助金対象

詳しく説明していきます。

金銭的に1番お得

  • 蓄電池を導入する
  • 蓄電池は導入しないで、自家消費と売電をする
  • 10年後も特に生活スタイルを変えない

オススメ運用方法の中で、蓄電池を導入することは『金銭的に1番お得』です。

金銭的に1番お得な運用をしたい!

まだまだ、太陽光パネルには頑張ってもらうわ!

このような方にオススメです。

蓄電池を導入することは、

「太陽光発電を有効活用したい」我が家にとってピッタリの運用方法でした。

金銭的なメリットが大きくなる理由は以下の通りです。

金銭的なメリットが大きくなる理由
  1. 売電価格より電気料金の方が2倍以上高い
  2. 年々、電気料金は高くなっている

売電価格より電気料金の方が2倍以上高い

1つ目の理由は『売電価格より電気料金の方が2倍以上高い』です。

現在、「売電価格」より「電気料金」の方が2倍以上高いです。

蓄電池を導入しないということは、極端に説明するとこのような状態です。

詐欺師
詐欺師

あなたが持っている電気を8万円で私が購入します。

あなた
あなた

あ、、はい。(売電)

詐欺師
詐欺師

先程、私が購入した電気を

あなたは20万円で購入して下さい。

あなた
あなた

あ、、、はい。(使用する電気を購入)

蓄電池を導入しないと、発電した電気を安く売って、売った金額より高い値段で電気を買って生活している状態になっています。

なんとも不思議な状態ですよね。

電気の価格

1kWhあたりの『平均売電価格 7〜8円』

1kWhあたりの『平均電気料金 20円』

地域や使用量によって電気料金は前後しますが、蓄電池を導入しないと、このような状態です。

年々、電気料金は高くなっている

売電価格より購入する電気料金の方が高いのが現状ですが、電気料金は、まだまだ値上がりしていき、差は広がっていきます。

電力大手10社は先ほど、2022年3月の電気料金を発表し、標準家庭のケースで東京電力が283円、中部電力が292円、関西電力が55円上昇するなど、9社が値上げすることが分かった。

引用:【速報】3月の電気・ガス料金上昇続く 電力3社は値上げ上限に
  • 原油価格の高騰
  • 新型コロナウイルスの影響
  • ロシアとウクライナをめぐる問題

様々な要因で、今後も値上がりが予想されます。

せっかく、太陽光で発電しているのに、

なぜ、値上がりしている高い電気をわざわざ購入するのでしょうか。

勿体無いですよね。

以上の2つが、蓄電池を導入すると金銭的にお得になるメリットでした。

実は、金銭的以外にもメリットはたくさんあります。

金銭以外にお得な部分も説明していきます。

災害時に備えることが出来る

蓄電池があると、停電になっても安心です。

オール電化にとって、停電になるとライフラインが全て止まってしまいます。

オール電化の方は特に必要です。

自然災害は、必ず発生します。

大切な家族を守る為に、今から蓄電池を導入して災害に備えておきましょう。

\自然災害でお家が破損した経験がある人は要チェック!/

蓄電池は補助金対象

蓄電池を補助金を活用して購入している人もいます。

太陽光発電と同様に、国は蓄電池の導入も推奨しているので補助金制度も充実しています。

お住まいの自治体によって異なるので、お住まいの地域のホームページ等を確認して、お得に蓄電池を導入しましょう。



以上が、1つ目のオススメ運用パターン『蓄電池を導入する』です。

後付けで、蓄電池を導入する費用は、

70万円程度です。

『70万円』も、導入費用は必要ですが、導入費用の元は取れるので、太陽光パネルを有効活用したい方は『蓄電池の導入』を検討してみて下さい。

蓄電池は導入しないで、自家消費と売電をする

2つ目のオススメ運用方法は『蓄電池は導入しないで、自家消費と売電をする』です。

どういうことか説明していきます。

一条工務店にお住まいの方は、このようなコンセントがあると思います。

この『自立運転用コンセント』を有効活用する方法です。

このコンセントは『自立運転用コンセント』といって

現在、発電中の電気を使うことが出来るコンセントです。

この運用方法最大のメリットは『リスクが少ないこと』です。

最初に紹介した『蓄電池を導入する方法』リスクが大きいです。

  • 蓄電池の導入コストが高い
  • 蓄電池を導入した後、太陽光パネルが故障した
  • 太陽光パネルの老朽化により、発電量が減少した

このようなリスクがあります。

その一方、『蓄電池は導入しないで、自家消費と売電をする』は、リスクが少ないです。

新しく何か購入するモノはないので、金銭的リスクがありません。

蓄電池を購入するのは『金銭的リスク』があります。
  • 蓄電池が故障する
  • 太陽光パネルが故障する
  • 蓄電池の購入代金の元が取れない
  • 計算通り発電してくれない

蓄電池は決して安くはありません。

『蓄電池は購入しないで、自家消費と売電をする』

この方法は、損は絶対にしないが、得する幅も小さい運用方法です。

蓄電池を導入した場合

蓄電池を導入すると、金銭的に得をする可能性は高いが、計画通りにいかないと蓄電池の導入費用分、損をする可能性がある。

蓄電池を導入しない場合

蓄電池を導入しない場合、得をする金額は少ないですが、損をすることはありません。

この運用方法の根本的な考え

太陽光発電は10年目で充分稼いだ! その後の売電収入はおまけ。

このような考えの方にオススメの運用方法です。

10年目以降は、リスクを取らずに活用出来るモノは活用していくスタイルです。

一条工務店の自立運転用コンセントの使い方

一条工務店の自立運転用コンセントの使い方を説明します。

まず初めに、自家消費をする時は設定変更の必要があります。

自立運転用コンセントに差し込めば、いつでも電気が使える訳ではありません。

自立運転用コンセントの使い方
  1. 連携/自立 ボタンを長押し
  2. 赤いランプが点灯する
  3. 自立運転用コンセントが使えるようになる

赤いランプが点灯すると、コンセントを差してみましょう。

自立運転用コンセントが使えるようになっています。

一条工務店の自立運転用コンセントに必要なアイテム

自家消費と売電を効率良く運用するために必要なアイテムがあります。

オススメのアイテム
  • 電源タップ
  • 延長ケーブル

自立運転用コンセントは差し口が1〜2個しかありません。

差し口が1〜2個だけだと少ないので、電源タップがあると便利です。

上記の電源タップがオススメの理由
  • 差し口が5個もある
  • 差し口と差し口の間隔が広いので、様々な電源タップに対応出来る
  • USBポートが2個付いている

「重い家電」や「移動出来ない家電」を使う時に、大活躍するのが『延長コード』です。

自立運転用コンセントと家電の置いてある場所に距離がある場合があります。

延長コードは、停電時にも活躍するので備蓄品で購入しておきましょう。

延長コードがあると停電時に助かるもの
  • トイレ
  • 洗濯機
  • 冷蔵庫
  • テレビ
  • ネット回線
  • 電子レンジ

自立運転用コンセントを使う時の注意点

自立運転用コンセントを使う時の注意点を紹介します。

注意点は『3つ』あります。

1500wまでしか使えない

一条工務店のコンセントは『1500wまで』しか使えません。

電源タップで複数繋いだとしても、合計1500w以上は使うことが出来ません。

電源タップと延長ケーブルも、1500wまで使える商品を購入しておきましょう。

発電している時しか電気は使えない

自立運転用コンセントは『現在、発電している電気だけ』使うことが出来ます。

要するに、夜は発電しないので自立運転用コンセントは使えません。

「蓄電池」と「自立運転用コンセント」の大きい違いです。

自立運転中は売電していない

自立運転中は売電しません。

例えば、1000w発電中に500wだけ使用しているとします。

使っていない、残りの500wは売電してくれる訳ではありません。

自立運転中は、いつでも自家消費できるようにスタンバイしている状態です。

使い終わった後、売電モードに戻さず自立運転中のままにしていると

売電収入は0円のままです。

自動で自立運転モードや売電モードに、切り替わらないので注意しましょう。

自家消費と売電を両立する具体的な生活スタイル

具体的に、どんな生活スタイル?

具体的な生活スタイル

発電している時は、必ず自立運転用コンセントを使う生活です。

平均的な価格

1kWhあたりの平均売電価格 7〜8円

1kWhあたりの平均的な電気の購入料金 20円

基本的に、自立運転用コンセントの電気を使います。

なるべく電気を購入しないように、発電した電気だけで生活する運用方法です。

1円でも無駄な出費を抑えたい方にオススメです。

私がこの方法を選ばなかった理由

私がこの方法を選ばなかった理由は、

雪が降る地域に生活しているので、厳しいと思った。

自立運転用コンセントだと、使いたい時に使えない可能性があります。

後は、マメな性格ではないので、この生活が続かなさそうでした。笑

10年後も特に生活スタイルを変えない

10年で導入費用の元は取れたし、別にそこまでしなくていいかな…。

これからの売電収入は、おまけ程度で考えています。

考えるのもめんどくさい。笑

このような考えの人は、無理して生活スタイルを変える必要はありません。

  • 売電価格の単価は安くなりますが、売電収入は入ってきます。
  • 太陽光パネルが載っているだけで耐震性は上がります。
  • 太陽光パネルにも寿命はある
太陽光発電の導入費用の元は取れたので、これからの売電収入は無いものと考える

電力買取プラン「一条でんき」

一条工務店にお住まいの皆さんは、

FIT制度が終わる、10年後に「一条でんき」を利用することが出来ます。

一条でんきとは

FIT買取期間満了を迎える一条工務店にお住まいの方を対象に、発電電力を買い取るサービス

平均的な1kWhあたりの買取額は、7円〜8円ですが、

一条でんきは、

1kWhあたり『11円』で買い取ってくれます!

FIT制度が終了しても売電価格を、ある程度担保してくれます。

【まとめ】10年後の太陽光発電はどうするのがオススメ?

【10年後の心配がなくなる!】FIT制度終了後に損をしない太陽光発電の運用方法は?【一条工務店】でした。

10年後の3パターン
  1. 蓄電池を導入する
  2. 蓄電池は導入しないで、自家消費と売電をする
  3. 10年後も特に生活スタイルを変えない

色々な運用方法を試してみて、自分達に合ったスタイルで生活していきましょう。

Instagramでも『一条工務店に関する投稿』をしているので遊びにきて下さい!

あつし☆一条工務店に住む宅建士

以上、参考になれば嬉しいです。

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました