【一条工務店】これで安心!引き渡し後にやるべき『3つのこと』

スポンサーリンク

本ページはプロモーションが含まれます

★この記事を読むとわかること★
  • 引渡し後にやるべきこと
  • 住宅を清潔に保つための必須アイテム
  • オススメのサービス

この記事の信憑性

今回は『引き渡し後』について解説していきます。

引き渡し後にやるべき『3つのこと』について紹介していきます。賃貸物件の引き渡しは、皆さんも経験あると思いますが、マイホーム引き渡しは初めてだと思います。

賃貸とマイホームの引き渡しでは、やることが違います。

これから紹介する『3つのこと』をやっておかないと、後に後悔します。

夢のマイホームをGETした後に後悔したくない人は、是非最後までご覧下さい。

\それではいきましょう!/

家づくりノートは作成してますか? 解説記事はこちらから!

スポンサーリンク

引き渡し後に家中を掃除

1つ目のやることは『家中を掃除』です。

え?新築だから綺麗でしょ?笑

このように感じている方は非常に多いですが、

引き渡し後の家は意外と汚いです。

その理由は、

  • 建築中は、窓やドアが開けっぱなし
  • 新築特有の木屑が落ちている
  • 塗装の汚れがついている

このような理由で、新築は意外と汚れています。

ホコリや土が家の中にあった。笑

虫の死骸やマスキングテープが貼ってあった。笑

このようなことは、決して珍しくないです。

一生に一度のマイホームなので、

まずは、自分の手で掃除をしましょう。

引き渡し直後は、家具や家電が何も置いていないので、とても掃除しやすいですよ。

  • 忙しくて掃除する暇がない!
  • 子供がいるので、そんな時間ない!
  • 引き渡し後、すぐに入居したい!

このような方はプロにお任せしましょう。

\前田敦子さんが公式アンバサダーです!/

家具や家電を置いた後だと、一生掃除できない汚れが発生します。

引き渡し後は、まず初めに家中を掃除しましょう。

傷や汚れが無いか確認

2つ目のやることは『傷や汚れが無いか確認』です。

引き渡し直後の掃除を行なっている時に、

傷や汚れが無いか確認しましょう!

引き渡し直後に、傷や汚れが無いか確認する作業は重要です。

その理由は、

私たちが付けた傷や汚れでは無いことを証明するためです。

引き渡しから数年後に、傷や汚れを発見したとしても

一条
一条

この傷は、引き渡し直後に指摘がなかったので無償交換できません。

このように言われてしまう可能性があります。要するに、私たちが入居後に付けた傷や汚れだと判断されてしまいます。

そして「一条工務店」は、2年点検の時に下記の設備の補償期間が終了します。

保証期間2年の設備
  • 玄関戸とアルミ製のサッシ
  • 室内戸と樹脂サッシ
  • 壁紙(クロス)とクッションフロア
  • 吹き付け塗装
  • 瓦とスレート

2年保証と聞くと、

傷や汚れがついても2年以内だと無料で交換してくれる!

このような認識をされている方は、非常に多いと思います。

しかし、実際は

引き渡し前についた傷を2年以内に発見したら無料交換します。

このような保証内容です。

2年保証と紹介されていますが、自分達で付けた傷は保証の対象外です。

最初から傷がついていました!

このように説得しても無料保証してくれないので、引き渡し直後に必ず傷や汚れが無いか確認するようにしましょう。



設備は正常に動くか確認する

3つ目のやることは『設備は正常に動くか確認する』です。

引き渡し後に、設備は正常に動くかの確認するようにしましょう。また、設備に傷や汚れが無いかも確認するようにしましょう。

特に、確認して欲しい設備は以下の通りです。

設備の確認リスト
  • コンセント
  • 照明
  • ガラスのひび割れ
  • 図面通りの設計
  • キッチン周りの設備
  • エコキュート
  • 扉はスムーズに開け閉め出来るか
  • 水漏れはないか
  • 空調は正常に稼働するか
  • 電話線は正常か
  • シャワーヘッド
  • トイレのウォシュレット
  • ハニカムシェード

この設備を最低限チェックしましょう。

保証期間内だとしても、引き渡しから日数が経つと保証してくれない可能性もあります。

引き渡し直後に確認しましょう!

以上が、引き渡し後にやるべき『3つのこと』でした。

この『3つのこと』をやるだけで、無駄な出費を防ぐことができ「一条工務店」の無償期間を有効活用することが出来ます。時間はかかりますが、最初で最後の作業なので頑張りましょう。



それでは、最後に住宅を清潔に保つための必須アイテムを紹介します。

これから紹介するアイテムを使うと、

  • 新築の綺麗な状態が長持ちする
  • 引越し作業がラクになる
  • 入居後のお掃除がラクになる
  • 快適な生活が出来る

このような効果があるアイテムばかりです。

引き渡し前に購入しておいて、快適な「一条工務店ライフ」を過ごしましょう。

引き渡し後に使うおすすめアイテム10選

引き渡し後に使う、オススメアイテムは以下の通りです。

オススメのアイテム
  • 防カビくん煙剤
  • 傷防止マット
  • 洗濯機キャスター
  • シール剥がし
  • ボックスオープナー
  • IHに排気口カバー
  • 衝撃吸収材シール
  • コンセントカバー
  • 加湿器
  • 湿度計

詳しく解説していきます。

防カビくん煙剤

1つ目のオススメアイテムは『防カビくん煙剤』です。

「おふろの防カビくん煙剤」を、引き渡し直後にやることをオススメします。お風呂の天敵であるカビを予防することが出来ます。

「おふろの防カビくん煙剤」を使う、使わないでは、雲泥の差があります。

マイホームのお風呂を綺麗な状態で保ちたい方は必須です。

お風呂にカビが付いてしまうと、厄介な汚れになってしまいます。お風呂のカビ防止対策については、プロに依頼することも検討してみましょう。

下記のサイトで、お住まいの地域にある業者から見積もりを依頼することができるので、是非チェックしてみて下さい

\見積もり依頼は『ゼヒトモ』/

傷防止マット

2つ目のオススメアイテムは『傷防止マット』です。

引き渡しを終えた後に、冷蔵庫と洗濯機の下にマットを敷きましょう。

家族向けの冷蔵庫や洗濯機だと、100kg近い重量があります。数十年も100kgの物体を、床の上に直接置いていると、当然床は凹みます。

冷蔵庫や洗濯機の納品前に購入しておきましょう!

洗濯機キャスター

3つ目のオススメアイテムは『洗濯機キャスター』です。

洗濯機の設置場所にマットを敷いて、洗濯機をキャスターに載せることをオススメします。

洗濯機キャスターを使うと、

掃除がラクになります。

洗濯機がある部屋は、ホコリが溜まりやすいので、洗濯機キャスターを使うことをオススメします。

シール剥がし

4つ目のオススメアイテムは『シール剥がし』です。

引越しの時の必須アイテムは『シール剥がし』です。

引越しをすると、様々な場所にたくさんシールが貼ってあります。

シール剥がしは、意外と時間がかかります。

『シール剥がし』があると、引越し作業が断然早くなるので、シール剥がしを準備しておくことをオススメします。

ボックスオープナー

5つ目のオススメアイテムは『ボックスオープナー』です。

引越しは『段ボール開け大会』と言っても過言ではありません。笑

全て、手作業で行うと

時間も体力が削られていきます。

少しでも、楽に引越し作業を終えるために「ボックスオープナー」を購入しておくことをオススメします。

IHに排気口カバー

6つ目のオススメアイテムは『IHに排気口カバー』です。

IHの排気口にカバーを設置しましょう。

料理中は「食材」「油」がたくさん飛び散ります。また、手が滑って、お味噌汁を排気口近辺でこぼしてしまうかもしれません。

排気口の掃除はめんどくさいです。

大惨事になることを避けるために、IHの排気口カバーを購入しておきましょう。

衝撃吸収材シール

7つ目のオススメアイテムは『衝撃吸収材シール』です。

衝撃吸収材シールは必須です。

一条工務店のドアや扉を開け閉めする時、開け閉め音結構響きます。

このアイテムで音を吸収しましょう!

コンセントカバー

8つ目のオススメアイテムは『コンセントカバー』です。

我が家は、コンセントが足りなくて困るのが嫌だったので、多めにコンセントを設置しました。

しかし、子供はコンセントにイタズラします。

最悪のケースで、火事が発生してしまう可能性もあります。

イタズラ防止対策を行いましょう。

加湿器

9つ目のオススメアイテムは『加湿器』です。

快適な「一条工務店ライフ」を送るには、加湿器が必須アイテムです。一条工務店は、とても暖かい住宅なので乾燥します。

加湿器で乾燥対策をしましょう。

湿度計

10つ目のオススメアイテムは『湿度計』です。

乾燥しやすい一条工務店は、湿度計も必須です。引き渡し時に、「一条工務店」から湿度計のプレゼントがありますが、

その湿度計はオススメしません。

一条工務店のスタッフが、あまりオススメしていないと言っていました。笑

デジタルの湿度計の方が、正確に計測出来るので湿度計を買い替えることをオススメします。

【まとめ】引き渡し後、入居前のオススメのやること

【一条工務店】これで安心!引き渡し後にやるべき『3つのこと』でした。

引き渡し後にやるべきことは、

  • 部屋の掃除
  • 傷や汚れの確認
  • 設備の動作確認

この3つを必ず行うようにしましょう。

マイホームの引き渡しは「一生に一度のこと」なので、無駄な出費が発生しないように、やるべきことはやっておきましょう。

以上参考になれば嬉しいです。

ではまた。

コメント