【天板の修理費は?】 IHクッキングヒーターのガラスが割れた‼︎ 【一条工務店】

スポンサーリンク

本ページはプロモーションが含まれます

★この記事を読むとわかること★
  • 天板の修理料金
  • 修理時のタイムスケジュール
  • 修理料金を減額する方法

この記事の信憑性

今回は『IHクッキングヒーターの天板修理』について解説します。

費用はいくらかかるの?

すぐ使えるようになるの?

なるべく安く修理したい!

このような方は是非ご覧下さい。

IHクッキングヒーターにフライパンを落としてしまい、ヒーター天板にヒビが入りました。

一条工務店に修理依頼をして無事直りました。

その時の経験を、この記事にまとめました。

私もヒビが入った…。

このような方は参考にして下さい。

住宅ローンの借り換えで支払いが安くなる!

↓↓いくら減るのか無料診断実施中↓↓

スポンサーリンク

割れたIHクッキングヒーター

我が家は、IHクッキングヒーターが割れて、このような状態になりました。

IHクッキングヒーターの天板が割れた原因は、

フライパンを落としてしまいました…。

我が家はフライパンを洗ったら、IHクッキングヒーターに置き、自然乾燥させる決まりがあります。

いつものように自然乾燥をしようと思ったら、手が滑りIHクッキングヒーターの上にフライパンを落としてしまいました。

割れた瞬間、時が止まりました。笑

IHクッキングヒーターの種類

我が家の、IHクッキングヒーターの「メーカー名」と「品番」は以下の通りです。

パナソニック」の「KZ-G33YS」

同じメーカーのIHクッキングヒーターを使っている方は、特に参考になると思います。

それでは、本題のガラスの修理費について紹介します。

ガラス交換の修理費

ガラス交換の修理料金とは…、



税込 27,390円でした。

我が家は「27,390円」でしたが、修理をする前にTwitterで情報収取したところ、

このように、

50,000円以上だった方もいるそうです。

我が家は、2023年1月に「パナソニックテクノサービス株式会社の北海道・東北支社」に修理してもらいました。

  • 修理時期
  • お住まいの地域
  • メーカー
  • 品番
  • 修理内容

によって、修理料金は『1〜2倍も変動する』ことがわかりました。

ざっくり修理金額を把握したい人は、

「3万円〜7万円」と想定しましょう。

修理完了までの期間

続いて、どのくらいの期間で修理完了するのか紹介します。

こちらも、お住まいの地域やタイミングで変動しますが、目安として参考にして下さい。

IHクッキングヒーターの修理が完了するまでに必要な期間は、

大体、10日程度です。

おおよその流れは、

  1. 一条工務店に修理依頼する
  2. 修理業者から連絡がくる
  3. 一条工務店から概算見積もりが届く
  4. 修理の依頼をする
  5. 修理業者が部品を取り寄せる
  6. 修理日の日程調整
  7. 修理当日
  8. 請求書が届く

このような流れになります。

修理依頼する時、IHクッキングヒーターの情報を入力するので、事前に控えておきましょう。

部品を取り寄せて、修理業者の日程に空きがあれば、すぐに対応してくれると思います。

修理料金を減額する方法

最後に、IHクッキングヒーターの修理料金を減額する方法を紹介します。

その方法とは、

火災保険を使うことです。

※火災保険の契約内容によって適用外の方もいます。

「火災保険を使う」と聞くと、様々な疑問が浮かぶと思います。

どうやって使うの?

保険を使うと、保険料は高くなるの?

火事の時の保険じゃないの?

このように「火災保険」を使うことを、ハードル高く感じている方は多いと思いますが、

実は、超簡単です。

申請している人は、

平均で91万円も受給しています。

今回の「IHクッキングヒーターの破損修理」は、そこまで受給金額は高くなりません。

91万円というのは『台風』『突風』『積雪』『洪水』『浸水』『落雷』などの被害で火災保険を利用した場合の金額です。

火災保険適用の被害例
  • 雨樋の歪み
  • 屋根の雨漏り
  • 瓦の浮き
  • 漆喰のはがれ
  • 釘の浮き
  • 基礎のヒビ

今回の「IHクッキングヒーターの破損修理」の場合や、自然災害でマイホームに被害があった時は迷わず火災保険を利用しましょう。

  • 交通事故を起こしてしまった
  • 怪我をしてしまった

このような時は、すぐに自動車保険生命保険などの保険を活用すると思います。

火災保険も同じです!

私達はお金を払って、保険に加入しているので火災保険も有効活用しましょう。

火災保険は、申請のプロに任せることをオススメします。

その理由は、

  • 申請が難しい
  • 申請漏れや不備があると満額おりない
  • 完全成功報酬型
  • 他の破損箇所も探してくれる

この際に、自然災害等で破損した部分もチェックしてもらいましょう。

オススメは『火災保険.com』です。

おすすめの理由
  • 完全成功報酬型
  • 年間1,000件以上の調査実績
  • 6年間トラブルがなし
  • 成功率が高い
  • 手数料が安い

業界トップクラスのサポートをしてくれます。

手数料は、おりた保険金の33%を手数料として『火災保険.com』にお支払いします。

保険金を100万円受給した場合は、このようなイメージです。

保険金がおりない場合、料金は発生しません。

要するに、私達は絶対に損をしません。

  1. 保険金がおりて、お金を受け取るか
  2. 保険金がおりないので、無料調査だけ行った

必ず、どちらかのパターンになります。

実は『火災保険.com』を、以前に利用した時は手数料が「35%」でした。

手数料が安くなっているのは、おそらく業界トップクラスを目指している『企業努力』だと思います。

保険金の払い損をしたくない人は、まず無料調査をしてみましょう。

あなたも受給できる可能性があるので『火災保険申請のプロ』に一度相談してみましょう。

\無料で受け取れる金額がわかります!/

【まとめ】天板交換の修理料金を公開

【天板の修理費は?】 IHクッキングヒーターのガラスが割れた‼︎ 【一条工務店】でした。

天板の修理費は、

27,390円でした。

また、修理が完了するまでざっくり10日間くらいです。

お住まいの地域やタイミングで金額と期間は変動してくるので、まずは一条工務店に連絡するようにしましょう。

以上参考になれば嬉しいです。

ではまた。

コメント