電気料金が上がっているのに、売電価格は上がらない理由【太陽光発電】

スポンサーリンク

本ページはプロモーションが含まれます

✅この記事を見ると解決できる悩み

  • 売電価格が上がらない理由
  • 今後はどうなっていくのか
  • 電気料金高騰に備える方法

✅この記事の信憑性

あつし:Twitterアカウント

今回は『売電価格が上がらない理由』について解説していきたいと思います。

電気料金が高騰しているのに太陽光発電の売電価格が上がらないのはなぜ?

今後、売電価格は上がるの?

理由を知りたい!

このような方は是非ご覧ください。

「電気料金が高騰しているなら、売電価格も上がっていいんじゃない?」と、皆さんも1度は感じたことがあると思います。そこで今回は『売電価格が上がらない理由』について分かりやすく解説していきたいと思います。

売電価格が上がらない理由は、複雑で難しい話です。そこで今回は、誰にでも伝わるように噛み砕いて解説していくので、是非最後までご覧くだい。

\それではいきましょう!/

スポンサーリンク

売電価格が上がらない理由

『電気料金が上がっているのに、太陽光発電の売電価格は上がらない理由』は、様々な要因があります。

売電価格が上がらない理由は以下の通りです。

売電価格が上がらない理由
  • 需要と供給のバランス
  • 固定価格買取制度の変更
  • 自然エネルギーの競争力
  • 政府のエネルギー政策
  • 政治的な要因

詳しく解説していきます。

需要と供給のバランス

『売電価格が上がらない理由』の1つ目は、

需要と供給のバランスです。

日本は、太陽光発電を設置している人が多く発電量が増えています。なので、電力会社が受け取る太陽光発電の電力の量が増えています。

発電量は増えている(供給)のに、太陽光発電の電力を欲しい人(需要)は少ないので『需要と供給のバランス』が崩れています。

需要と供給のバランスは、売電価格を下げると調整できるので『売電価格は上がりにいくい』という訳です。

固定価格買取制度の変更

2つ目の理由は『固定価格買取制度の変更』です。

太陽光発電を導入する人に対して、あらかじめ決められた価格で、電力会社が電力を買い取る『固定価格買取制度(FIT制度)』という制度があります。

しかし、この制度は定期的に見直され、売電価格が引き下げられることがあります。

また、制度自体が廃止される可能性もあります。これは、太陽光発電の技術革新や、導入コストの低下に伴い、太陽光発電の普及が進んでいるので、これ以上普及する意味がないと判断されると

  • 固定価格買取制度
  • 導入時の補助金

が、手薄になってきます。

自然エネルギーの競争力

3つ目の理由は『自然エネルギーの競争力』です。

自然エネルギーの競争力も太陽光発電の売電価格に影響を与えます。

太陽光発電以外にも「風力発電」「バイオマス発電」などの自然エネルギーがあります。これらの自然エネルギーの普及により、電力会社は多様なエネルギー源からの電力を受け取らなければいけなくなります。

そのため、太陽光発電の売電価格を上げることは、他の自然エネルギーとの競争力に影響を及ぼす可能性があるので『値段を上げにくい』という訳です。



政府のエネルギー政策

4つ目の理由は『政府のエネルギー政策』です。

政府は、再生可能エネルギーの普及を促進するために、太陽光発電を含む自然エネルギーの導入に補助金を出すことがあります。しかし、補助金が減少すると、太陽光発電の導入コストが上がり、それが売電価格に影響を与える場合があります。

電力会社が太陽光発電からの電力を『受け取る際のコスト』も、売電価格に影響を与えます。

太陽光発電は、太陽光発電パネルの設置費用やメンテナンスなどの費用がかかります。電力会社は、これらのコストを考慮しながら価格を決めます。

設備利用率や設置コスト、メンテナンス費用などの変化が売電価格に影響を与えてきます。

政治的な要因

5つ目の理由は『政治的な要因』です。

政治的な意図によって、売電価格が上げられたり下げられたりすることがあります。政治的な意図がある場合、売電価格の変動は、需要や供給といった市場原理によるものではなく『政治的な要素』のみで価格が変動する場合もあります。



電気料金の高騰に備える方法

これだけ電気料金が高騰しているので、電気料金高騰の対策を知りたい人はたくさんいると思います。

太陽光発電を「導入している人」「導入する予定の人」は、

自家消費する電力量を増やすことで、電気代の削減効果が期待できます。

売電価格が下がっても、自家消費する電力量が増えることで、実質的なコスト削減効果が得られます。

後は「電気料金」以外の部分で節約をしていくしかありません。

\お金の不安を解決する方法!/

【まとめ】太陽光発電の売電価格が上がらない理由

『電気料金が上がっているのに太陽光発電の売電価格が上がらない理由』でした。

これらの要因が複雑に絡み合っており、一概に原因を特定することは難しいですが、太陽光発電の売電価格が上がらない理由は、先程紹介した内容が要因となります。

売電価格が上がらない理由
  • 需要と供給のバランス
  • 固定価格買取制度の変更
  • 自然エネルギーの競争力
  • 政府のエネルギー政策
  • 政治的な要因

複数の要因が重なり『売電価格』は上がっていません。太陽光発電に関連している私たちは常に情報収集をして、最適な手段をとっていきましょう。

以上、参考になれば嬉しいです。

ではまた。

コメント